オペラ de Show!!! Returns

今年も帰ってきました!ウベルト坊ちゃん!(≧∇≦)

IMG_4864.JPG

昨年、ロワジールホテル函館の5周年記念で上演した「オペラ de Show!!! 〜女中が仕掛けた愛の罠〜」。これが大変評判で、それもホテル側が気に入って下さり、なんと今年もお願いされました。
それも別ネタではなく、同じ演目でとの事。そもそもオペラとは、同じ作品、同じ演出を何度も上演し、流れを分かっていながら何度も楽しめるもの。それをお願いされてというのは、本当に舞台が楽しかったんだなぁと、とても嬉しく思いました。

しかし、昨年見た下さった方にも少しの変化を、そしてホテルでの演出の可能性も分かったので、今年は少しだけ台本と演出を変更しました。
そもそもペルゴレージのインテルメッツォ《奥様女中 La serva padrona》を基に、アリアはそのまま原語のイタリア語で、しかしレチタティーヴォは日本語で、ちょっとした時事ネタなどを盛り込みつつ、お客様が難しくなく楽しめるように台本を作って上演しています。

そして劇場ではない利点を活かして、お客様のテーブルの周りも舞台としつつ、お客様がまるで舞台に入り込んだように演出しています。今回はセルピーナの部屋に見立てたミニ舞台をお客様のすぐそばに作り、そこでも演技してもらいました。

IMG_4845.JPG

舞台は大好評!!昨年観たお客様から、ご新規のお客様まで、美味しいディナーと共にオペラを楽しんで貰えました。
今年のテーマは”Returns”です。というわけで、昨年用意した、裁判の「勝訴」のハタ出しを意識した「祝・奥様昇格」に更にミニハタ出し「Returns」を仕込み、バッチリ笑いを取ることができました。(^ν^)

IMG_4859.JPG

素敵なホテルのスタッフさん達も、この舞台を成功させる為に翻弄して下さっており、感謝感謝でございます。
「ホテルで楽しむオペラ」というジャンルが函館で定着しそうです。
\(^o^)/

また、今回の舞台やこれまで函館の活動が評価され、函館在住で、セルピーナ役の次藤正代さんが平成26年度函館市文化団体協議会 青麒章を受章しました。
おめでとうございます!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ますますの函館の文化の発展を願いつつ、再び函館を訪れるのを楽しみにしています!!!

IMG_4987.JPG

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: 演奏会情報 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中