オペラ@能楽堂ツアー in チューリヒ編 その①

旅は折り返し地点を迎えてきました。
2月26日はバスに乗り、ジュネーヴからチューリヒへ約280kmの移動。一旦レマン湖へ別れを告げ、10時に出発。
ガイドさんの話を聞きつつ、車内はまるで大人の修学旅行の様な雰囲気。
お昼ご飯を食べる為に、スイスの首都ベルンに立ち寄りました。

20140302-233555.jpg

その名も、中心街にあるホテル・ベルンにて、美味しいご飯を。

20140302-233743.jpg

20140302-233802.jpg

20140302-233818.jpg

テーブルは僭越ながらアクテオンのシテ方であられる能楽師の櫻間右陣先生、そして能管奏者の松田弘之先生とご一緒させて頂きました。

20140302-234140.jpg

因みに櫻間家は熊本の藤崎八幡宮の宮司として熊本入りし、その後細川家お抱え能楽師の金春流に入門、発展したお家の様で、特に櫻間伴馬は明治の三名人と名高い家系。ですので、櫻間右陣先生を当主とする櫻間會には熊本の方も多く、今回も3名熊本より参加されてます。
ですので、ヨーロッパなのに舞台裏ではちょこちょこと熊本弁が行き交い、僕もついつい熊本弁ばしゃべりおっとです。
(^ν^)

そして食後、せっかくですからベルンの街を軽くお散歩。

20140303-000538.jpg

20140303-000619.jpg

20140303-000641.jpg

20140303-000657.jpg

そしてベルンを後にした僕らは、一路チューリヒへ。
ホテルに着くと、まずは会場の下見という事で、希望者でリギブリック劇場へ。

20140303-001210.jpg

20140303-001241.jpg

少し小高い丘の上にある、素敵な劇場でした。
ざっと中を見学した後、軽く街を探索しに行きました。リギブリック劇場は丘の上にで、移動手段としてはSeilbahnというケーブルカーに乗ります。そこからはチューリヒの街を一望でき、素敵な景色でした。

20140303-001613.jpg

一同はチューリヒ工科大学という、かのアインシュタインが卒業したという有名大学を通り、その立派さに感激!そして記念撮影。アインシュタインの舌出しと、狂言師善竹さんはなぜか、「アイーン!」。いや、それは志村けんじゃ…というツッコミをいれつつ大学内を通り抜けると、再びチューリヒの街が見渡せます。

20140303-001814.jpg

20140303-001838.jpg

20140303-001922.jpg

そして秀才達も通学で使っているこれまた可愛いケーブルカーで中心街へ降ります。

20140303-002145.jpg

みんなまだスイスに来てからスイス料理を食べてないということで、スイス料理というば…チーズフォンデュ!!!
美味しい店はないかと鼻を効かせつつ街を歩いていると、いいお店が!!
フォンデュにラクレットを堪能!いやぁ、これはちょっとイベント的な楽しさです!

20140303-002513.jpg

20140303-002615.jpg

20140303-002636.jpg

20140303-002652.jpg

こうして体にしっかりチーズの香りを染み込ませつつ、チューリヒの最初の夜は更けていきました。

つづく。

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: 演奏会情報 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中