オペラ@能楽堂ツアー in パリ編!!

2月18日より、オペラ@能楽堂のヨーロッパツアーに参加してます。
この企画は「和洋の古の融合」がテーマで、ウィーン在住の演出家・伊香修吾さん演出で数年前に日本で公演されたもの。それのヨーロッパ引越し公演です。

20140223-201342.jpg

ペルゴレージ作曲のインテルメッツォ《リヴィエッタとトラコッロ》はブッファ物。それを狂言で演出し、ソプラノ歌手の臼木あいさんと、歌う狂言師・善竹富太郎さんが演じます。対してシャルパンティエ作曲のオペラ《アクテオン》は悲劇。こちらは能の演出で、櫻間右陣先生をシテ方として、櫻間会の皆さんが演じ、歌手陣は地謡として演技せず、正座して歌います。

この素晴らしい企画を携え、まずはパリで20〜22日と3公演をして来ました。
18日の昼過ぎにAir Franceで成田を飛び立つと12時間のフライトで17時にパリに到着。今回はオペラの引越し公演に加え、とても貴重な能装束などを持っていくため手続きにも時間を要します。パリの街に着いたのは19時頃。あたりも暗くなり素敵なパリの街が近づいてくると、長旅の疲れも吹っ飛び、心が踊ってきました。ホテルはエッフェル塔近く。
ライトアップされたエッフェル塔が僕らを迎えてくれました!!

20140223-202443.jpg

早速時差ボケに堪えながらも、アクテオンの歌手陣でパリ飯を!

20140223-202703.jpg

翌朝はリハーサルが午後からなので、挨拶がてらエッフェル塔に登ってきました。

20140223-203012.jpg

20140223-203056.jpg

20140223-203211.jpg

20140223-203416.jpg

本番会場はパリ日本文化会館。1階は日本の伝統的なお皿や織物などの文化を紹介しており、地下には公演スペースが。能舞台ではありませんが、ここに日本から運んできた舞台を設置。

20140223-203705.jpg

公演は3公演とも大好評でした!!!見事な和洋の融合に、フランスの方々も口々に素晴らしかったと仰ってくれました。
アクテオンの歌手陣は紋付袴姿。

20140223-204005.jpg

僕は日本で、狂言師・善竹富太郎さんのイタリア語発音指導もしました。その善竹さんとの2ショット!善竹さんは狂言のみならず色々なジャンルの歌も歌うマルチな方。声も素晴らしく、オペラと狂言の見事な融合の歌と演技で観客を湧かせています。

20140223-204330.jpg

1日目にはドイツから芸大時代の後輩、竹口えりちゃんが聴きにきてくれたり、各公演の合間を縫って、パリオペラ座で歌っている同期の在田恭子ちゃんや、同郷で受験時代を切磋琢磨した木下絵美子ちゃんなどが会いにきてくれました!!

20140223-204650.jpg

20140223-204714.jpg

こういうのも旅公演の楽しみの一つです。久々に再開はとっても嬉しい!!
そして合間を縫って、蚤の市を物色したり、美味しいマカロンも食べました!これはマカロンタワー!!

20140223-204941.jpg

20140223-205000.jpg

パリ公演は3公演とも大成功!!!最終日にはとっても美味しいバスク料理で、まず最初の打ち上げを。

20140223-205140.jpg

こうしてパリは素敵な思い出となりました。次はスイス3都市を周ります。

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: 演奏会情報 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中