本番は明後日です!

いよいよ今週末に迫ったソナール・カンタンドの公演。幸いに台風は逸れてくれそうな様子です。練習もいよいよ佳境に入っています。

今回は日本は勿論、フランスでも演奏機会の少ないものから、これぞフランスバロックの王道まで、多彩なプログラムでお届け致します。当日演奏予定のプログラムをお知らせします。
ちょっとした趣向を凝らしての舞台をお楽しみに。
(^_−)−☆

2013年10月27日(日)
「フランスバロックは劇場趣味がお好きLes musiciens baroques adorent le spectacle.」
早稲田奉仕園スコットホール 16時30分開場 17時00分開演
チケット3500円(当日4000円)
学生券2000円

ルイ・ガブリエル・ギユマン Louis – Gabriel Guillemain (1708-1770)
12のカプリース Op.18より 1番 プレリュード
Douze caprices pour le violon seul

ニコラ・ラコ・ド・グランヴァル Nicolas Racot de Granval (1676-1753)
コミック・カンタータ「グレゴワール」Cantate comique “ Grégoir”

アントワーヌ・フォルクレAntoine Forqueray (1671/2-1745)
ヴィオール組曲 第1番よりPièce de Viole avec la Basse Continuë (1747年出版)
アルマンド:ラ・ラ・ボルド フォルクレ クープランAllemande. La La Borde – La Forqueray – La Couperin

フランソワ・クープラン François Couperin (1668-1733)
パルナソス山 、またはコレッリ讃歌  トリオ形式の大ソナタLe Parnasse ou l’apothéose de Corelli, Grande Sonade, en Trio

ジャン・フィリップ・ラモー Jean – Philippe Rameau (1683-1764)
クラヴサン合奏曲 第1コンセールPièce de Clavecin en Concerts(1741)

フィリップ・クルボワ Philippe Courbois (1705-1730)
カンタータ「オルフェウス」 Cantate “Orphée”

ソナカン練習中!!

20131025-201838.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: 演奏会情報 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中