素敵な卒業式

今日はかつて教えていた北浦三育中学校の卒業式に、特別演奏をする為に茨城県行方市に行きました。
僕は5年間ここで音楽を教えにいっており、退職してからも一昨年、昨年と卒業式に誘われていたのですが、本番と重なっており残念ながら引き受ける事ができませんでした。しかし今年は日が合い、3度目の正直でようやく引き受けられました。
しかも僕が教えた最後の生徒。本当に歌えて良かったです!

20130311-001849.jpg

この素敵な日に選んだ曲が、星野富弘さんの詩に、なかにしあかねさんが作曲した「愛されている」です。

どんな時にも
神様に愛されている
そう思っている
手を伸ばせば届くところ
呼べば聞こえるところ
眠れない夜は枕の中に
あなたがいる

中学を卒業した彼らは、多くは系列の広島三育高校に進みますが、何人かは外部の高校に進む子もいます。離れていればなおさら、また同じ高校でも場所は変わり、やはり寮生活の中で寂しい想いをしたり、悲しくて泣きたくなる事があるでしょう。僕も広島三育出身なので、かつてはそうでした。
友達や先生が支えてくれる素敵な学校ですが、でももっと側に、いつでも神様がずっと近くにいて下さるのです。
そんな想いを込めて、卒業生達に歌いかけました。

天気も晴れ渡り、暖かな日となりました。素敵な卒業式でした!

20130311-003010.jpg

しかし、、、その後僕は築地の浜離宮朝日ホールのリハーサル室で、合唱団&オーケストラ「アゴラ」のオケ合わせでしたが、車で潮来に向かっていると、だんだんと周りが黄色く霞んで来ました。杉花粉か?!と思いましたが、余りに多量。高速のICに行くと、強風の為、潮来ー成田間が通行禁止に!!砂嵐でした。
結局下道で家まで戻りました。高速だと1時間位なのに、下道&高速に乗れなかった車の渋滞で、3時間半もかかってしまいました。
本当は家でゆっくりしてから向かうはずが、2分ほどしか家におらず、伴奏してくれた妻を置いて、楽譜をもって即座に築地へ。なんとかリハーサルには間に合いました。

20130311-003615.jpg

この団体は合唱団とオーケストラが1つの団体。勿論個別にも練習しますが、一緒にもやっていきます。しかも今回はベートーヴェンのミサ・ソレムニスという大曲!!今日はソリストも含めて始めてのオケ合わせでした。
とても素晴らしい曲なので練習は楽しく、合唱指導もしているので課題を確認しながら、有意義な練習となりました。

が、、、流石に歌って、移動に、歌ってとちょっと疲れた…。
(>_<)

でもとても素敵な1日でした!!
改めて卒業生の皆、おめでとう!!!
\(^o^)/

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: つれづれ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中