クリスマスツアー最終日

いよいよクリスマスツアーも最終日。
朝目覚めるとホテルの窓からとても綺麗な富士山が見えました。いい日になりそう!

20121226-154632.jpg

朝10時に沼津を出て、一路東京へ。渋滞もなく順調に雑司が谷音楽堂に到着しました。

会場によって音響が違うので、セッティングには毎回気を配ります。雑司が谷音楽堂では何回も演奏してますが、うちのチェンバロを使うのは初めてだったので、音のスィートスポットを見つけるのにやや時間がかかり、1st stageの開場ギリギリになってしまいました。だけど、16日のスザンナ公演から4回も演奏しているので慣れたもの。
演奏には問題なく、1回目公演が始まりました。(写真は全て2nd Stageのものです。)

20121226-155314.jpg

20121226-155336.jpg

20121226-155407.jpg

20121226-155421.jpg

やはり東京は僕らのホームグラウンド。お客様ともすっと馴染み、和やかに、そして共に盛り上がりました。
この日は24日のクリスマス・イヴ!!!こんな重要な日にも関わらず、お昼は沢山のお客様が。夜はやはりイヴですのでちょっと少なかったのですが、そんな時に来ていただける人ですので、僕らとも一緒に音楽をしている気分で、楽しく演奏しました。

20121226-160021.jpg

20121226-160039.jpg

今回のプログラムは、どの曲も気合いをいれて選曲、編曲したものばかりですが、特に挑戦だったのは、ヴァイオリンとフルートのみによる”Reel of Tulloch”。David Youngというバロック時代の人が残した変奏を元に、各変奏に合わせてヴァイオリンとフルートが即興で伴奏し合い、演奏しててアドレナリン出まくりの興奮状態!!!

20121226-160454.jpg

こうして3日間で5公演、長野・静岡・東京と750kmほどをチェンバロ載せて走破し、なんとか元気に終える事ができました。それも素敵な仲間がいたからこそですし、この楽しいプログラムだから、一切疲れずに演奏できたと思います。

因みにこちらが今回のプログラムでした。

ケルティック・クリスマス on Baroque ~古の魅惑的なメロディー
Program
●船はゆくShips are sailing ~ サラトガ・リールSaratoga reel ~ 妖精のダンスThe fairy dance
●ウェックスフォード・キャロルGood people all, this Christmastime(The Wexford Carol) ~ クリスマス・イヴChristmas Eve
●美しい女優Belle of the stage ~ 素敵なアニーBonnie Annie ~ 縄跳びSkip-rope ~ ディッキー・ロジャースの記念碑Dickie rogers’ pedestal
●バーバラ・アランBarbara Allan(Scottish trad.)

●ウィリアム・マクギボンWilliam Mcgibbon : トリオ・ソナタ ニ長調Trio Sonata in D
1.Adagio – 2.Allegro ma non presto – 3.Adagio – 4.Allegro

●ミス・アドミラル・ゴードンのストラスペイMiss Admiral Gordon’s strathspey ~ ザ・リール・オブ・トゥーロッホThe reel of Tulloch
●マイ・ラガン・ラブMy Lagan Love(Irish trad.)
●ジェイムズ・オズワルドJames Oswald : 《四季のエアー》冬より ザ・スノードロップ”Winter” The snow-drop
●ヒューロン・キャロルThe Huron Carol (French/Canadian carol)

●見よ、最良の朝はここにWel, dyma’r borau gorau I gyd ~ ひいらぎかざろうOer yw’r gŵr sy’n methu caru(Deck the hall) 
~ ハルレッフの勇者Men of Harlech ~ 夜もすがらAr Hyd y Nos(All Through The Night)

●来たれ、エンマヌエルVeni, veni, Emmanuel ~ 善き者よ、神が汝を安んぜんことをGod rest you merry, Gentleman
~ キャロル・オブ・ザ・ベルCarol of the Bells ~ ディン・ドン!高らかにみそらにこだますDing Dong! Merrily on High

arranged by yasuto kasuga

Ensemble”Sonar Cantando”
春日保人:ヴォーカル、フルート、ホイッスル
​丹沢広樹:ヴァイオリン
小池香織:ヴィオラ・ダ・ガンバ
春日万里子:チェンバロ​

そして今回の来て頂いた多くのお客様にお礼を言いたいです!!!ありがとう!!!!

この日をもって僕の今年のコンサートも全て終了しました。
来年も、僕とソナール・カンタンドをどうぞよろしくお願い申し上げます!!!

20121226-161120.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中