思い出のクレモナ

僕らがクレモナに行っている時、ヴァイオリン作りの祭典”Mondomusica”というタイトルの弦楽器フェスティバルがありました。そこに来ていた日本のヴァイオリン製作者川幡さんの娘さんが、ソナール・カンタンドのクレモナ公演の写真を素敵に撮ってくれましたので、たくさんある写真の中から厳選して紹介したいと思います。

20121124-234718.jpg

ここはヴァイオリン作りの神様と言っても過言ではないストラディバリウスが結婚の誓約を建てた由緒ある教会。荘厳な聖堂内は、高い天井に響き渡りつつも、意外に合わせやすく、これまでで一番なくらい4人の息がピッタリと合いました。

20121124-235247.jpg

演奏を重ねるたびに僕らのボルテージも上がり、またお客様も1曲毎にBravi…と口々に言ってくれ、音楽を通してお客様と語りあった様な感覚に、どんどん僕らものめり込んで来ました!

20121124-235818.jpg

20121124-235834.jpg

20121124-235853.jpg

休憩なしの1時間半近いプログラムでしたが、終わるとBis!!とアンコールの声が!バッハのカンタータのアリアを1曲歌い、その後、僕は急いで和服の生地をリメイクしたシャツに着替えて、聖堂の後ろから、日本古謡「さくら」を篠笛を吹きつつ祭壇の方へ。その篠笛の音が聖堂に響き渡ると、実に凛とした和の雰囲気に、石造りの聖堂の荘厳さが加味し、なんとも言えない雰囲気になりました。
そして最後のアンコールは、僕がイタリアの為に編曲した「さくら」とバッハの「シャコンヌ」、「主よ、人の望みの喜びを」をミックスしたスペシャルな曲を。タイトルに、ヴィラ=ロボスからもじって”Bachiana Japonés”と付けました。
(^ν^)

20121125-005705.jpg

20121125-005722.jpg

プログラムが終わると、お客様の全員がスタンディング・オベーションで迎えてくれました!
これは僕の人生の中で初めてで、とても感動しました。

20121125-005908.jpg

21時から始まったコンサートは、22時半をまわり、その後は楽しい打ち上げへ。今回のコンサートのスポンサーであるBar Garibaldiへ。美味しいワインやお食事でひとしきり盛り上がり、更にそこで即興で演奏を。

20121125-010637.jpg

楽しい瞬間でした!!

今回はヴァイオリン製作者の鈴木公志氏を筆頭に、クレモナの楽器製作者達が協力してくれて、この様な素敵なコンサートになりました。彼らの作る楽器や弓もとても素晴らしく、魅力に溢れています。どこかで彼らの名前、楽器を見たら是非是非手にとって見てください。

最後に皆で記念撮影!

20121125-011146.jpg

幸せな時をありがとう!!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

因みに今回の録音(手持ちのポータブルレコーダーで録ったものですが)を、近々Youtubeにアップ予定です。お楽しみに!

20121125-011219.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中