九州愛

今日は九州の八女地方にある星野村の水害復興チャリティコンサートでした。僕が学生時代から歌わせてもらっている、安藤由布樹さん作曲のカンタータ「この灯を永遠に」の舞台となっている所で、その縁から出演させて頂きました。

20121029-234136.jpg

急なコンサートにも関わらず、沢山のお客様にきて頂きました。作曲家で、今回の発起人の安藤由布樹さんが、なんと今朝、福岡の星野村まで日帰りで様子を見に行ってきたらしく、今日の様子をお話してましたが、状況は変わっていないようです。
その様子を展示してます。

20121029-234237.jpg

小さな活動ですが、これを機会に少しでも知ってもらい、また綺麗な九州に戻るよう想いを馳せて貰えたら幸いです。

プログラムに九州に因んだものを1つという事で、僕の故郷熊本は天草地方の「福連木の子守唄」という、五木の子守唄の元歌ではないかと言われている子守唄を歌いました。終演後に会場にいた鹿児島出身の方から声を掛けられ、子守唄を聞くとお年寄りが、昔の事を思い出し、気持ちが溢れてきて話し出すだよ、と仰ってくれました。
歌って良かったなぁ。
(T ^ T)

この子守唄は僕の父がまだ若い頃、務めていた河浦高校の教員時代に現地の人の歌を聴いて採譜し、歌っている曲で、僕も引き継いでこうして機会があれば歌っています。
切なくて、心に染みるいい歌です。

今日はチケット代はもちろん、義援金の箱、更に星野村の美味しい無農薬のお茶や、お茶碗などを販売。僕も買いましたし、僕の知り合いも買ってくれました。感謝!
星野村のお茶は本当に美味しいんです。飲むのが楽しみです!

20121029-234637.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: つれづれ, Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中