ブレーシャ公演での写真

昨日無事に日本に帰ってきました。日本からヨーロッパに行くのは割と楽なのに、ヨーロッパから日本は時差が体にこたえますね。

日本に戻ると、早速イタリアの友達がブレーシャ公演の写真を送ってくれました。彼女はレッジョ・エミリアに住むイタリア人で、2003年にパンパラートというピエモンテ地方の田舎でやった講習会で出会い、それ以来の親友です。本業は音楽学で、合唱の指揮などもしてます。家族も全員とてもいい人過ぎるくらいの人達で、イタリアに行くと会いに行ったり、会いに来てくれたりします。
今回はブレーシャの夜公演にも関わらず、車で遠路来てくれました。本当に感謝!!

今回発覚したのですが、ブレーシャ国際古楽音楽祭のディレクターと、彼女のお父さんは家族ぐるみの付き合いがあるらしく、本当に世界は狭いなと思いました。
その関係もあってか、コンサートの写真を許可を受けて撮ってくれました。

まずはご挨拶。

20121018-153239.jpg

演目は日本とほぼ一緒で、クリスティアン・バッハから始まり、セバスティアン・バッハの世俗カンタータ、そしてエマヌエル・バッハのトリオソナタです。

20121018-153508.jpg

20121018-153531.jpg

そして丹ちゃんのヴァイオリン・ソナタに、ガンバとのマタイ受難曲。

20121018-153847.jpg

20121018-153903.jpg

最後にカンタータ32番を歌いカーテンコール。ホッとした表情をしてます。

20121018-154051.jpg

アンコールはやはりカンタータ117番からと、今回のイタリア用スペシャルアンコール曲。最初は篠笛を吹いてはじめました。

20121018-154227.jpg

そして親友だから撮れるのでしょうか。とてもいい表情を撮ってくれました。

20121018-154351.jpg

20121018-154403.jpg

20121018-154419.jpg

写真をみると、楽しかった公演が思い出されます。
クレモナ公演も素敵な写真がありますので、そのうちアップしますね。

そして、イタリア公演をきっかけに、Facebookを始めました。海外はやはりFacebookでの交流が盛んなようで、ようやく重い腰をあげました。
個人もありますが、ソナール・カンタンドのサイトもありますので、是非探して下さい!

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: つれづれ, Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中