古巣

昨日帰ってきて、早速今日は来週本番のオケ合わせの為、我孫子へ。
このコール・ヴォンネは、僕が一昨年前に副指揮者として関わっていた合唱団で、久々の再開でした。
辞めた今でもこうして公演のソリストとして呼んでもらい、「先生!古巣におかえり!」と声をかけてもらえて、とても幸せでした。

僕が辞めた後で、正指揮者も家庭の事情で辞める事になってしまい、困っていた所、僕の同門の先輩であり、仕事でもご一緒する小笠原美敬さんをご紹介でき、益々充実して、こうして演奏会が実現でき、良かったです。
団員も減るどころか、新しいメンバーも入ってきており、本番が楽しみです!

コール・ヴォンネの面々です!!

20120831-205618.jpg

ソリストは僕は初めてお目に掛かりましたが、高名な高橋節子さん、そして芸大の2年先輩の中島郁子さん。久々にお目に掛かりましたが、僕を覚えていてくださりました。演目はモーツァルトのミサ曲ハ短調。ソプラノ2人が競うようにソロやデュオを繰り広げる名曲です。お二人とも素晴らしい歌唱でした!

20120831-210359.jpg

そしてテノールはやはり芸大の先輩で、よくご一緒する及川豊さん。
この曲は男声はやや暇。^^;
テノールは2曲ありますが、バスは最後の最後にBenedictusを4重唱で歌うのみ。でもとても良い曲だから、楽しいです。

お近くの方は是非聴きにきて下さい!

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中