僕の大切な宝

今日は僕と妻の音楽教室〝セルヴェ・ムジカーリ〟の発表会でした。
場所は千葉市にある京葉銀行文化プラザ音楽ホール。シューボックス型の素晴らしい響きのホールで、昨年からこちらを使ってます。

コンサートではないので、準備、裏方から全て自分らでやり、朝から戦争の様に動き回ってました。

第1部は妻のピアノの生徒さん。保育園児から高校生まで、可愛らしく、健気に頑張ってました。あの子達の舞台に上がる前や終わった時のホッとした表情を見てると、自分の小さい頃のピアノの発表会を思い出します。訳もわからず奔放に弾ける頃、ちょっと緊張感を感じ始め弾ける筈が急に怖くなったりと成長の過程により感じ方が変わったなぁと。

発表会で今でも思い出すのが、初めて歌で出演した発表会。フルートを長らくやっていて、発表会には慣れてる筈だったのに、手に楽器がなく、目の前には真っ直ぐなお客さんの目!
!(◎_◎;)
目の前が真っ白になり、いつの間にか演奏が終わってて、歌った感覚がありませんでした。でも、聴いてた人に聞くと、ちゃんと歌ってたらしい。
f^_^;)

そして今回は僕が教えている合唱団、コーロ・ルミノーソ、プエラリア、アカデミア・コンソートの3団体も出演。どこも小さめの団なので、自主でのコンサートはそう頻繁には行えず、こうした発表の機会があると、皆の気持ちも引き締まり、良い演奏ができました。各団の特徴もしっかり出て、発表会に彩りを与えてくれました。

そしてある意味今回の目玉、全員合唱。夏の名歌「我は海の子」を、ピアノの生徒10人、合唱団28名、声楽9名に伴奏者2名を含む総勢49名の大合唱。
子供たちはメロディーを歌っていたら、いつのまにかそれに2部合唱、3部合唱、4部合唱になってた!みたいな編曲をしました。2部合唱も女声2部と男声2部とバリエーションも持たせ、きっと子供たちにとっては初めてのハーモニー体験だったのではと思ってます。
ピアノになった時に、子供たちの声が浮き立ち、ちょー可愛かった。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そして第2部。声楽です!
受験生2人に加え、大学生6名、そして僕の最初の教え子が大学を卒業し、歌いにきてくれ、9名の素敵な声楽家たち。大学に進学した生徒がこうして成長した姿、声を聴かせてくれて、先生としては幸せな時でした。

それぞれのソロは今勉強している曲を披露し、先輩・後輩入り混じり、お互いを刺激し合い、切磋琢磨し合う場としてとても有意義だったと思います。
僕もそうでしたが、レッスンで学ぶ事もたくさんあるけど、人前で緊張しつつ歌い切る本番の場は掛け替えのない貴重な学びの場だと思います。
こうした場を提供するのが、今、僕の皆にして上げる事かな。
そして先輩の雄姿はこれから大学を目指す受験生に影響を与えてくれるでしょう。

そして今回は僕の一つの夢が叶いました。教え子と共に歌う事。
今日は一人の生徒と、モーツァルトの《フィガロの結婚》から伯爵とスザンナの2重唱を前後のレチタティーヴォ付きで演奏しました。
オペラさながらの演出も加え、これも有意義な体験だったと思います。

生徒達が成長し、素晴らしい演奏をしている姿を見ると、僕もうかうかとしてられません!生徒に負けずに、僕も日々精進しないと!!!
( ̄^ ̄)ゞ

終演後に我が愛すべき生徒たちと記念撮影。皆は僕の大切な大切な宝です!

皆の音楽が益々輝く様に、心から願ってます。
みんな頑張れ~!!!
♪───O(≧∇≦)O────♪

20120728-233531.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中