痺れる音楽に、痺れる演奏

今日はいよいよフォンスフローリス公演「フランスバロックの宗教曲」本番。
毎日気温が高く、熱い外ですが、中も音楽で熱い!

14時開演のため、やや朝早いゲネでしたが、皆集中してます。

20120716-213541.jpg

なかなか演奏の機会のないラモーの
グラン・モテはオケの皆さんもその素晴らしい音楽に興奮してました。

ラモーにはオルガンよりチェンバロが合うということになり、当初予定してなかったチェンバロを上尾さんが持ち込んでくれました。
本番前の調律。集中した静けさが何となくいい感じ。

20120716-214347.jpg

開演すると、なんと500人のキャパに488人と本当に満席の客席。
フレンチバロックは日本ではなかなかマイナーなプログラムですが、こんなに沢山の方に聴いてもらえて嬉しい!

合唱団フォンスフローリスは見事にこの難しいラモーとカンプラを歌い切り、まさに名演!随所にある痺れる音楽に、痺れる演奏で歌い上げてくれました。

今回のソリスト陣。

20120716-214913.jpg

テノールの中嶋さんは見事なハイテナーで!オートコントルと呼ぶに相応しい音色で、日本ではなかなかいない逸材です。

終演後、外には綺麗な夕焼けに照らされたスカイツリーが僕らを優しく迎えてくれました。

20120716-215753.jpg

皆さんお疲れ様でした!

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: Music パーマリンク

痺れる音楽に、痺れる演奏 への4件のフィードバック

  1. 松田あけみ より:

    春日くん、今晩は。
    広島三育高校二つ学年上の、松田あけみです。
    記憶にありますでしょうか?
    実は今日の石橋メモリアルのコンサート拝聴しました。
    義理の母が参加しているコーラスの先生が今日参加されているとの事で、コンサートを知りました。
    春日くんが古楽で活躍されてると耳にしてはいましたが、プロになられてからの演奏をお聞きするのは初めてでした。
    いやー、素晴らしかったです。
    私も歌を勉強している端くれとして、とても幸せなひとときでした。
    今、二歳の男の子がいるのでなかなか自由な時間が持てないのですが、またチャンスがあったら演奏会に伺いたいと思います。
    お忙しいようですので、お元気で、益々ご活躍をお祈りしております。

  2. yk より:

    松田あけみ様

    勿論覚えてます!!芸大でもお会いしましたよね。
    なんとお義母さまが!?今日歌われてた訳ではないですよね?!

    でもいらして頂いてたなら、是非声を掛けてくだされば良かったのに!!でも聴いて下さり、コメント頂けて嬉しいです。

    コンサートも気に入って頂けて幸いです。お母さんになられたんですね。2歳だと一番可愛い頃ですね。
    今度は是非お会いしたいです。

    お忙しいかと思いますが、子育てに、音楽にと頑張って下さい!!

  3. Mayumi Otsuka より:

    だいぶ時間が経ってしまいましたが、素晴らしい演奏で聴衆ばかりでなく私たち合唱団員をも痺れさせてくださった春日さん、本当にありがとうございました!
    今日 Rameau in convertendo でGoogle画像検索したら、春日さん撮影の当日リハの写真が出てきたのでびっくり!思わずコメントいたしました。
    ウェブサイトから、ご活躍の様子が伺え嬉しい限りです。猛暑が続きますので、どうぞ体調にお気をつけて!またぜひよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  4. yk より:

    大塚さま

    コメントありがとうございます!
    そう、あまりの名曲だったので、ついつい興奮して色々と書いてました。
    合唱も良かったですね。大塚さん初め、皆とてもいい顔で歌ってましたね。
    また皆さんとご一緒するのを楽しみにしてます!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中