いちいちかっこ良い!!

昨日から16日本番のフランス・バロックのリハーサルをしてます。
演目はジャン=フィリップ・ラモーの《主が連れ帰ってくださったときIn convertendo Dominus》と、アンドレ・カンプラの《レクイエムRequiem》です。

これが!!!どちらもいい曲すぎ!!
♪───O(≧∇≦)O────♪

カンプラのレクイエムなんて、出てくる曲調がいちいちカッコ良すぎて、痺れまくってます!!
さすが名曲と謳われているだけあります。

ラモーの宗教曲はまるでオペラ!!今にもバレエダンサーが出てきて、舞台を駆け回り、アリアさながらのソロが教会を飛び出しそうな勢いです。

そしてカンプラもラモーも、そこらかしこにバッハやヘンデル、更にはモーツァルトの顔が浮かび、彼らに多大な影響を与えたのでしょうか、充実しまくってます。

こんな名曲を歌えるとは、こんなに幸せな事はありませんっっ!

そしてコントラポントも充実しまくってます。フランス風に徹底し、バス・ド・ヴィオロンまでいます。
練習風景をパチリ。

20120714-185339.jpg

今回ヴィオローネは僕の大好きな諸岡典経さん。弾いてる姿がもはやかっこ良く、音楽が溢れてきそう。はっきり言ってファンです!でもとってもオチャメな人。

20120714-185651.jpg

オーボエの森綾香さんがこっそり写真をとってた所を発見!思わず僕も反応してしまいました。

20120714-190033.jpg

こんな楽しい現場です。
\(^o^)/

是非みんなに聴いてもらいたい!
7月16日14時に上野学園 石橋メモリアルホールですよ~。

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: つれづれ, Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中