美しいパーセルナイト

昨日は上野学園でパーセルナイトのコンサートでした。
今回は辻裕久さん、広瀬奈緒ちゃんという英国歌曲のスペシャリストが揃い、Harris先生の格調高い朗読に、ホールが一気にブリティッシュな空間となり、メロディックなパーセルの旋律と重なりなんとも言えない素晴らしい時間でした。

僕は奈緒ちゃんとの牧人の愛の2重唱から始まり、戦争ではなく彼女の瞳に射抜かれ敗北したというアナクレオンの歌という、愛をテーマとした前半。
後半は魔女に呼び戻された亡霊サムエルでとってもこわ~く、最後はグラウンドにのって、天上の花婿キリストと、聖なる花嫁である地上の教会の結婚を力強く祝福する曲を歌いました。

パーセルの音楽は本当に素敵ですね。とても好きな作曲家でしたが、益々好きになりました。

今回はメンバーがとても雰囲気が良く、練習や舞台裏でも楽しく、それがコンサートの雰囲気を良くしたのか、お客様が口を揃えて暖かい雰囲気に溢れていたと仰ってくれました。

コンサート後に仲良く写真を。
Tim先生と歌手3人で。

20111127-234230.jpg

素敵なチェンバロとオルガンを聴かせてくれた戸崎さんとも一緒に。

20111127-234411.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: つれづれ, Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中