魚沼いいとこ!

昨日はアントネッロの公演で、新潟は魚沼市にある、小出郷文化会館大ホールで「天正少年使節の音楽」を演奏してきました。

今年は11月になっても気温が高く、全然秋を感じませんでしたが、上越新幹線の長いトンネルを抜け、越後湯沢に差し掛かると、思わず「おぉ!」と声を出したくらい見事な紅葉で、今年初の秋を感じる事ができました。

田中角栄のお膝元、浦佐駅で新幹線を降り、ホールへ。ホール前の山も紅葉しています。

20111109-232945.jpg

荷物を楽屋に置き、まずは腹ごしらえ。文化会館のプロデューサーご推薦の、それは美味しい美味しいお蕎麦屋さんに案内してもらいました。
この辺は匠会なる蕎麦協会があり、あちらこちらにお蕎麦屋さんがありましたが、今回食べた所は「道光高原そば いたや」さん。

20111109-233440.jpg

まるで民家の様な佇まいで、このお店の先には民家もないような所でした。
見よ!この美しい蕎麦を!

20111109-233601.jpg

名前のように板に盛られた蕎麦は、一口づつ纏められており、その味は以外にも円やかかつ、蕎麦の甘みが感じられる素晴らしい蕎麦でした。

お腹から魚沼の素晴らしさを感じ、いよいよリハーサルへ。
この小出郷文化会館の1100を超えるキャパの大ホールは、とても素晴らしい残響。自主企画も充実し、固定のお客様も多数の稼働率の高い素晴らしいホールです。

20111109-234307.jpg

またホールもさることながら、スタッフの機敏で、想像力のある仕事!
僕らがリハーサルを進めていると、それを見て次々と照明が増え、ルネサンスダンスを踊るシーンには、転がしのライトから壁に影を映すなど、驚きの発想力で僕らの演奏を盛り立ててくれました。
またチェンバロやガンバの音響の為に平台を作り、補助の反響板でも…と思って用意をしているところ、僕が思わず屏風でもあるといいですねぇ…なんて言ったら、「ありますよ!」との一言。なんとなんと立派な金屏風が出てきました!!
スタッフも一丸となって良い公演を作ろうとしてくれている想いがびしびしと伝わり、僕らの演奏も熱が入りました。

20111109-235347.jpg

驚くべき事に、その金屏風と白木のチェンバロ、ハープ、ガンバの似合うこと。思わず安土桃山時代にタイムスリップし、羽織袴の武士と南蛮服の宣教師でも出てきそうな雰囲気になりました。

お客様の乗りもよく、暖かい雰囲気で幕を閉じました。
会場からは全員に花束が!これはホールが用意したものではないそうで、お客様の気持ちのこもったサプライズでした。音楽が大好きな想いがホールいっぱいに満ち、本当に魚沼いいとこ!!
是非是非また行きたいと思わせてくれる素晴らしいところでした!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

20111110-021614.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: つれづれ, Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中