涙、涙の公演

本日はNHK熊本児童合唱団の定期公演でした。この公演は人気で、2時間以上前から行列ができるほど。今日も1600人以上の観客が入りました。

導入は「マルモのおきて」。ダンスが付いて一気に盛り上がります。
し・か・も!!

サプライズゲストで、今熊本で人気のキャラクター「くまもん」が駆けつけ、テンションが急上昇!
くまもんは九州新幹線のPRキャラクターとして生まれ、大人気になってます。かつて熊本に来た僕のヴァイオリン作りの友人がくまもんにすっかりはまってしまい、グッズを買いまくってたくらい。
僕も思わず追っかけてパシャリ!

子供たちの声も今日はノリに乗ってました。子供も集中力と本番が強いのにはビックリ。
NHKの放送で人気のコーナー「童謡これくしょん」からと「ごめんねメリー」が1部。
「ごめんねメリー」では本当に泣けました。楽しいサーカスの場面や、戦争が始まり動物が殺される場面、メリーだけは!の必死の願いも虚しく僕が演じた情け容赦ない将校の命令で毒入りの餌を与えられ、久しぶりの餌に喜んで芸をしながら毒入りの餌を食べてしまう場面。
メリーにごめんねと謝り、僕らはそんな時代に生きたメリーを忘れず、楽しませてくれた事を語り継ぎ、そんな時代が再びこない事を願い明るく幕を閉じます。

後半はミュージカル「ノートルダムの鐘」で舞台セッティングに時間がかかる事もあり、すぐさま着替えてロビーにて僕がミニコンサートをしました。
《フィガロの結婚》より「もう飛ぶまいぞこの蝶々」と《カルメン》より「闘牛士の歌」、ナポリ民謡「O sole mio」を、子供たちが目の前にいたので、ちょっと絡みつつ、賑わせました。

メインの「ノートルダムの鐘」が始まり、僕も2階席で鑑賞。子供たちが演じ歌っている姿を見ていると、なぜか涙がこみ上げてきます。感動の舞台でした。
NHK熊本児童合唱団は小学2年生から高校3年生までと幅広い年齢層で、S組からA、準A、B,C,Dとに別れています。小学生達が全身でダンスをしながら歌う姿は本当にかわいすぎ!でもとっても上手に踊り、歌っています。
キャストは今年卒団する高校3年生が演じ、さすが最上級生だけあり堂々とした歌と演技を披露してました。
この定期演奏会をもって卒団してしまう彼女たち、最後には満席の観客が惜しみない拍手を送りながら花束をもらい、涙をこらえながら歌い終えました。
まさに青春!長い団員には11年にも渡り在籍し、人生の半分以上関わっていたり、歌が好きな子たちが集まって学校の友達以上の関係になっているので、去り難い気持ちでいっぱいなのでしょう。僕も涙がこみ上げて大変でした。もらい泣き…(/ _ ; )
青春バンザイ!歌う事って素敵と思い直させてくれる舞台でした。
ありがとう!そしておめでとう!!
\(^o^)/

20110917-112346.jpg

20110917-112518.jpg

20110917-112610.jpg

20110917-112636.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: つれづれ, Music パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中