歴史浪漫「お江戸バロック」

今日は我が家でリハーサル。
見よ、この和洋の琴を!!

9月5日に、日本橋にある三井タワーアトリウムコンサートの為、お箏の藤川さんと共に合わせをしました。そのお箏の良いこと!(^O^☆♪
和楽器は本当に素晴らしいですね。
藤川さんは伝統音楽から、現代作品まで幅広く演奏している方で、しかも僕と同郷なんです。
凄く感覚が似てて、すぐに音楽が合いました。

いや~、なかなか面白いプログラムになりそうです。

この話をもらった時、バロックと日本橋をどう繋げようかと悩み、色々調べました。

そしたら…

なんと江戸において、日本橋こそがヨーロッパとの玄関口だったようです!!アイデアが湧き、プログラムが浮かんできました。

タイトルは「お江戸バロック」
響きが良く、語呂もバツグンでしょ~。

またお箏とチェンバロの相性もバッチリで、歴史ロマンも感じつつ、新しい感覚の音楽となってます。

しかも、このコンサート。
無料です!!!
なんと素晴らしい企画なんでしょう。
皆様、是非聴きにきて下さいね!!!

2011年9月5日(月)18時半開演 17時半開場
日本橋三井タワー アトリウムコンサート

江戸で最も賑わいを見せた日本橋から望む、ヨーロッパのバロック音楽。出会う事のなかった接点に懐かしさと新しさを垣間見るひと時を

<お江戸バロック>
~洋琴と筝、歌と笛が織りなす新感覚バロック~

G.F.ヘンデル:かつて木陰にて(ラルゴ)
J.オズワルド作曲:四季のエアー「夏」より“ヒナゲシ”
福連木の子守唄
パッサカリア上の「さくら」 他

春日 保人(バリトン、ヒストリカルフルート)
春日 万里子(チェンバロ)
藤川 いずみ(箏)

20110902-065227.jpg

20110902-065242.jpg

広告

yk について

バリトン歌手
カテゴリー: つれづれ, Music, 演奏会情報 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中