3/24江戸川乱歩の小説にもとづく室内オペラ

この公演は8月24日に延期になりました!!!

 

春一番が吹き、待ち遠しかった春が近づいてきました。

この春も演奏会が目白押しとなり、忙しくなってまいりました。
演奏会情報をスケジュールにアップいたしましたので、

どうぞご覧下さい。

まずは3月24日に現代曲に挑戦いたします。
江戸川乱歩の『陰獣』を原作とし、
4人の作曲家が各幕を担当するとても珍しいコンサート形式によるオペラです。
僕は明智小五郎役として出演。原作がミステリー作家の江戸川乱歩ですから、
音楽もミステリー感たっぷり。
生まれたばかりの、誰も聴いたことのない楽譜から音を生み出す感覚はとても
エキサイティングです!
皆様にも是非新しい音感覚を共有できればうれしいです。

    ~江戸川乱歩の小説にもとづく室内オペラ
    RAMPO2011

    2011年3月24日(木)東京オペラシティ・リサイタルホール
    開場18時 開演19時 (プレトーク18:30)
    チケット:全自由席 一般3000円 学生1500円

    原作 江戸川乱歩『陰獣』
    台本 原口啓太
    作曲 土屋雄(第1幕)
    鈴木純明(第2幕)
    由雄正恒(第3幕)
    小櫻秀樹(第4幕)

    キャスト
    小山田静子役:太田真紀
    明智小五郎役:春日保人
    緑川警部役:清水那由太

    指揮:初谷敬史

    演奏:声楽アンサンブル「マドリガールズ」
    稲村麻衣子、中山倫子、中川遊子、矢ヶ部直子

    真鍋尚之:笙
    多久潤一朗:フルート
    原博巳:サクソフォン
    多井智紀:チェロ

    あらすじ
    ある日、明智小五郎の探偵事務所を小山田静子が訪れる。
    隅田川を見下ろす豪邸に、資産家・小山田六郎の妻として暮らす静子。
    静子のもとに届いた脅迫状。それは一世を風靡し、突如として姿を消した
    小説家・ランポこと、静子がかつて捨てた男・平井太郎
    からであった。小説さながらに人間椅子となり、屋根裏の散歩者となって
    静子に復讐を誓うランポ。美しい静子の首筋から続く
    赤黒いミミズ腫れ。やがて殺人予告の通り、小山田六郎の死体が隅田川で発見される。
    ランポを追う明智。
    そして明智が見たものは…。
    広告

    yk について

    バリトン歌手
    カテゴリー: 演奏会情報 パーマリンク

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中