アゴラ版!?バッハ/メンデルスゾーン《マタイ受難曲》

昨日は《マタイ受難曲》の本番でした。

かつてクラシックの世界は常に現代音楽。新しい作品が世に生まれ、過去の作品を演奏することは稀、偉大なるバッハですら忘れ去られていました。そんなバッハの名曲《マタイ受難曲》を世に紹介したのがメンデルスゾーンです。今こうして我々が珠玉の作品を歌い、聴けるのも、このメンデルスゾーンのお陰なのである。

しかし、如何に素晴らしい曲であっても、バロック時代の作品を19世紀の聴衆に聴かせる事には大きな障害があった。

長い…(⌒-⌒; )

まぁ、現代の我々もマタイと聞くと、やはり身構えてしまうほど、3時間近い作品は、当時の聴衆には大きな障壁だっただろう。しかも、すでに廃れてしまった指定楽器もあった。そこでメンデルスゾーンは、ヴィオラ・ダ・ガンバの曲はカット、オーボエ・ダモーレやダ・カッチャをクラリネットで代用した。

また、高音続きのエヴァンゲリストを歌える歌手は当時メンデルスゾーンの周りにはいなかったのだろう。また通奏低音の演奏法も廃れていた。そこでメンデルスゾーンはチェロ2台とコントラバスという、通奏低音を知っている我々からするとなんとも恐ろしい編成で編曲をした。

アゴラはこれまでフォーレ、ブラームス、メンデルスゾーン、ベートーヴェンなどをレパートリーとしてきた。編成もあり、バッハのマタイはレパートリーになかったが、何を思ったか、メンデルスゾーン版マタイを見つけてきたのだ。こんなに難しいとは思わなかっただろう。やはり苦労した。それとそうだろう。しかし、彼らはやってのけた。

しかし、メンデルスゾーン版をそのままではなく、メンデルスゾーンがかつて当時の状況に合わせたように、自らの状況に合わせたアゴラ版を作った。ダブルオケではなく、シングルだが、工夫をしてダブルの効果を出した。そしてチェロ2台だけだとかなり難しく、チェンバロを入れることにした。しかしオルガンはメンデルスゾーンのオリジナルのまま。しかし、それでもチェロ2台での通奏低音はプロオケですら難しく、避けたがるだろう。しかし、チェロの室夫妻は見事に弾きこなした。今回の隠れた立役者と言えそう。

さて、僕はというと…イエス…

と、ユダとペテロと大祭司長とピラトという5役を歌い分けることに。このパターンなんと2回目!?以前も苦労したが、やはり今回もかなりの気を遣った。何せ落語のような、歌舞伎の早変わりのような。しかもシリアスな受難曲なため、その雰囲気を壊さないように。

ペテロは「岩の上に教会を建てる」とイエスに言われた人なので、少し硬めの実直で融通のきかない感じで。ユダはちょっと吹けば飛ぶような、風に吹かれるままに心が揺らぐような感じで。ピラトは疑念に満ち、激昂したり、人任せにしたりする弱い犬ほどよく吠える感じで。大祭司長は…雑魚キャラ?

そしてイエスは、常に声に芯を持たせ、声も心もぶれないようにしつつ、慈愛に溢れた柔らかさを持つよう細心の気を遣いました。

好評だったものの、やはり後半はやや朦朧としてきました。(@_@)

それでも、マタイを再発見したメンデルスゾーン版を歌えた事は、本当に貴重な体験でした。

アゴラよ、ありがとう!素晴らしい歌唱と演奏で、見事にマタイを表現したアゴラに賞賛の声を贈りたい。

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントをどうぞ

海道東征CDリリースされました!

4月22日、2年前に熊本で公演した信時潔の交聲曲《海道東征》のライヴCDが発売されました!!

 
この公演には強い思い入れがあります。

公演の為に熊本入りしようとした日、関東は記録的な大雪!!

ソリストもオーケストラも飛行機が飛ばず、急遽新幹線で熊本入り。僕は千葉県からなかなか出ることができず、海道東征ならぬ雪道西征しつつ熊本に向かいました。

雪道西征?!

いやそれよりも、日本の創世記ともいうべき神話の世界をオーケストラに載せた信時のオラトリオとも言うべき作品を、

熊本所縁のソリストと、地元の様々な合唱団や市民の合同合唱団で歌い上げるという壮大な計画をしたのです。奇しくも熊本には天地のはじめとされる幣立神宮が阿蘇にありました。

それに賛同してくれたのが、指揮者の山田和樹氏率いる横浜シンフォニエッタでした。

それはそれは素晴らしい演奏でしたが、当時はまさかそれがCDになるとは夢にも思っていませんでした。

CDで聴いても、当時の熱い会場の空気を感じ、聴きながら涙が出てきました。

感無量!!

先日の熊本震災と重なるタイミング。何という運命なんでしょうか。

しかし熊本では当時歌った合唱団メンバーは、このCDを聴きながら励まされているとの声を聞きました。

僕もこのCDと共に熊本に想いを馳せたいと思います。

Amazon

http://www.amazon.co.jp/「海道東征」信時潔-作品集-横浜シンフォニエッタ-山田和樹/dp/B01DAAL1DQ
オクタヴィアレコード

http://www.octavia.co.jp/shop/exton/006029.html
タワーレコード

http://tower.jp/item/4242795

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントをどうぞ

オペラ de Show!!! 2016

久しぶりのブログ更新です。昨日19日は函館のあるロワジールホテル主催の公演。オペラ de Show!!! 2016 創作オペラ《バッハ家の結婚騒動》と題し、ホテルで楽しむオペラショーでした。

この企画はこれで第3弾。1,2回目はペルゴレージの《奥様女中》を題材としましたが、今回は新ネタ披露ということで、バッハのコーヒー・カンタータを題材として、このショーの為に僕が脚本を書きました。

登場人物のシュレンドリアンをヨハン・ゼバスティアン・バッハに、リースヒェンをバッハの2番目の奥さんアンナ・マグダレーナに変更。バロック時代に流行していたコーヒーにうつつを抜かす結婚前のアンナに対し、それを止めさせようするゼバスティアン・バッハという設定としました。

ゼバスティアン役の僕と、アンナ役の次藤正代さん
  

そして、このショーは楽器がチェンバロとヴァイオリンのみというミニマムな編成。というわけで楽器奏者にも演じてもらい、ヴァイオリニストの丹沢広樹くんが次男カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ役、チェンバリストの森洋子さんが四男クリスティアン・バッハ役として、両親が結婚したロワジールホテルで結婚前に起こったコーヒー騒動を回想するというシーンから始めました。

 バッハ家の家族写真?! 

このショーはロワジールホテルの協力が必要となります。舞台は極力ホテルにあるものを使い、広間の照明を最大限に使います。さすがに結婚披露宴で演出をしているだけあり、ホテルマンの手慣れた照明演出が場を盛り上げます。舞台中央には花道を作り、そこをヴァージンロードと見立て、終曲は結局アンナがコーヒーを飲むことを許し、ゼバスティアンも実はコーヒー好きだったという結末で、結婚することに。ここでサプライズゲストとして、結婚の保証人としてホテルマンを舞台に上がってもらい即席神父役を。お客様に見守られつつ、ヴァージンロードを通り、お客様に花びらを渡してフラワーシャワーをしてもらいつつ終幕となりました。

   
 
演奏曲はコーヒー・カンタータを柱に、序曲代わりにクリスティアン・バッハ作曲のヴァイオリンオブリガート付きチェンバロソナタを、アンナの登場シーンには結婚カンタータのアリアWeichet nur を、途中「コーヒー止めないのならば、婚約解消だ!」と突きつけられたシーンでは、ヴァイオリン・ソナタ e-moll BWV1023から1,2楽章でアンナの衝撃と悲しみを表現、怒るシュレンドリアンのシーンではイタリア語の世俗カンタータ《Amore traditore》BWV203からチェンバロオブリガートのアリアを挿入しました。

またアンコールには、農民カンタータの終曲に「さぁみんなで一緒に飲みましょう。そう!コーヒー飲もう」と日本語に変更。四人の出演者それぞれに見せ場をもたせつつ、クリスティアンのソナタ以外は、すべてJ.S.バッハの曲で構成しました。

曲中、フルートのオブリガートアリアがあるのですが、それはアンナに乗せられてつい伴奏してしまったという設定で僕が吹きました。若干メイクで口紅をしており、ちょっと滑ってきそうで大変でしたが。(笑)

  
というわけで、僕らだけで演じるのではなく、お客様にも舞台に入っているような雰囲気を持ってもらいつつ、ホテルスタッフとも一緒に作り上げていくオペラショーでした。

いつもはお食事後に上演、終演後にスタッフ全員で記念撮影する流れなのですが、今回は上演後に別室にてお食事という流れに変わったためサービスをせねばならず、記念撮影が主要メンバーのみとなってしまい、ちょっと寂しい写真になりました。でも、ショーの後もサービスしているホテルマンの皆様には感謝です。

  
そんなこんなで、素敵なオペラ de Show!!!2016は大盛会のうちに終幕しました。

そして今日はなんと僕の誕生日。いよいよ30代最後の1年となりました。

大学での教育活動に、演奏活動、その他諸々と年々忙しさが増しておりますが、周りの皆様に支えらえ、こうして元気に活動ができていることに日々感謝致します。

今度ともよろしくお願い致します!!!

 
  
※追記  3/22函館新聞に記事が掲載されました。

  

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントをどうぞ

佐倉メサイアを振る

このところブログを書く余裕がなく、最後の投稿からすっかり3ヶ月以上も経ってしまいました。その間幾つかのコンサートとCD評などがでておりました。そのうち書きたいなとは思っていますが、今回のコンサートについてはやはり記しておきたいと思い、投稿いたします。

去る5月30日。佐倉市民音楽ホールにて、ヘンデル作曲のオラトリオ《メサイア》全曲の指揮を致しました。

  

メサイアは僕の音楽人生にとって特に大切な作品になります。僕がまだ大学院生の頃、仕事として初めてプロオケで歌わせてもらったのがメサイア。CDとして初めてリリースされたのもメサイア。それ以来、要所要所でメサイアは僕の中で重要な作品となりました。しかしそれ以前にもメサイアには思い出が。

中学時代、ミッション系の全寮制の三育中学校にいた頃、たまたま同級生3人の両親共が音楽家ということもあり、それぞれの親がソリストを務め、中学生が合唱を歌うという貴重な体験をしました。勿論抜粋ではありましたが、とても充実したコンサートで、僕はその時ハレルヤの指揮を務めました。

僕は指揮者になりたいと夢を語っていた時期もこの頃。その後は高校2年生頃、フルートから声楽に転向し、演奏する側にいましたが、大学2年生頃、現在指揮者として活躍中の海老原光さんに誘われ、同期の楽理科で現在はピアニストとして活躍の巨瀬励起くんと3人で学外の指揮法教室に通い始めました。斎藤秀雄先生の弟子で、斎藤先生から引き継いで指揮法の教本も手がけた高階正光先生に2年半、基礎から応用までを勉強しました。ちょうど世紀末の1999年だったので、芸祭でオーケストラを集めて各世紀末の作曲家を集めて指揮をしたりもしました。(僕は17世紀末担当になりパーセルの《インドの女王》を指揮。)しかしその頃は指揮者になりたいのではなく、演奏者として如何に指揮者の要求を感じとるかの為、指揮を習っていました。しかし、指揮を勉強した事は、その後の合唱指導の際にとても役に立ちましたし、歌っていても指揮者の要求とテンポを読み取る事に活きていました。

しかしこの度、メサイアの指揮を務める事になりました。それも全曲ノーカットです。(全曲の言い出しっぺは僕ですが。)

  
合唱団は佐倉メサイアを歌う会です。この合唱団は2007年に日本基督教団佐倉教会を母体に立ち上がり、これまで3回メサイアを歌ってきました。僕は創設からこれまで合唱指導として関わってきました。いわゆる合唱好きが集まった団ではないのですが、丁寧に練習を重ね、毎回とても豊かな声を聴かせてくれました。そして今回僕が正指揮者として引き継ぎ、満を持して全曲演奏に踏み切ったのです。それは聖書の言葉をテキストにしたメサイアを、教会を母体とし、その意味をよく理解しているこの合唱団だからこそ歌うべきと考えましたし、ヘンデルが作曲した全貌をお客様に届ける事は大切と思いました。

オーケストラはクリスチャンで構成された「ユーオーディア」でモダン楽器ですが、僕が指揮することもあり、かなり古楽奏法を取り入れテンポも速め、そしてなによりもヘンデルが得意としたオペラ同様に曲間を流れるように演奏しました。しかしオケ練習が9日と前日しかありません。最初は戸惑っていたオーケストラですが、勉強熱心なコンサートミストレスの蜷川さんは前日までには研究を重ね、オーケストラもさすがプロだと思うほど本番までに変化してきました。大感謝!!そして要である通奏低音にはいつもコントラポントで共演しているバロックチェロのスペシャリスト西澤央子さんをお招きし、見事なリードでまとめてくれました。

   
 

そして僕が一緒にやるなら絶対この人という豪華なソリストたち。佐倉出身でベルギーで活躍していた華やかな音色が印象的な新保友紀子さん、素晴らしいオペラ歌手というだけでなくバロック音楽にも造詣の深い押見朋子さん、ヘンデル歌唱にスペシャリストに辻裕久さん、日本のトップバリトンで宗教音楽への豊かな見識をお持ちの青戸知さん。こんなメンバーは揃うなんて?!と目と耳を疑うようなソリストが、その魅力ある歌声を聴かせてくれました。

   
     
こんなメンバーで成功しないはずもありません。本番はソリスト、オーケストラに加え、合唱団がこれまでで最高のパフォーマンスを聴かせてくれました。僕も驚くばかりでした。実は今回、本当は乗るはずだった人が公演前に亡くなってしまったのです。僕が浅草で教えていた合唱団、そして津田沼の合唱団にもきて、この佐倉メサイアにも僕を追いかけてきてくれた大切なメンバーでした。一緒に歌いはずだったのに。ゲネの時に思わず涙が堪えられなくなりました。でも、メサイアはキリストの復活を経て永遠の命を約束する作品。この公演が成功したのも、きっと僕らを支えてくれていた、一緒に歌ってくれていたからだと信じています。

こうして奇跡のようなメサイア公演は、たくさんの拍手と佐倉メサイア初のブラボーの声とともに終演しました。いつもは歌で舞台に上がる際は緊張するのですが、なぜか今回は一切緊張せず、それどころか舞台上では楽しくて楽しくてしょうがない程でした。指揮台の上で音楽を通して共演者と会話し、心通わせ、音を出さずとも一緒に歌えました。こんな感覚は初めてでした。今回のメサイアは僕にとって特別なものとなりました。関わってくれた全ての人に感謝したいです。

最後に貴重な指揮姿の写真を。素敵な写真を撮って頂いたあるカメラマンにもありがとう!!

   
         

そして素敵なソリスト達と。

  

因みに今回の公演は全曲ケーブルテレビCATV296で放映される予定です。地域限定ですが、お楽しみに!

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントをどうぞ

祈りをこめて

2月11日は、一昨年に引き続き合唱団「うたの森」の演奏会に出演してきました。メインプロはブラームス作曲の「ドイツ・レクイエム」です。

IMG_0101

指揮は昨年のカルミナ・ブラーナの中島良史先生。オーケストラは先生のかつての教え子や、先生を慕う人たちを中心とした素晴らしいオケで、それぞれに活躍している人達ばかり。
会場のパルテノン多摩は、その名の通りカーンとした響きあるホールで、客席にもムラがなさそうです。
そして合唱団はカルミナにも参加した人が多く、この大曲続きを見事に歌い上げました。

因みに僕は7日のピアノ版に引き続き、オケ版のドイツ・レクイエムでした。

IMG_0102

本番は物凄い集中力のある演奏で、ホールいっぱいに、はち切れんばかりでした。中島先生はそのお年とは信じられないくらい熱く、僕や若手のプレイヤーよりもエネルギーに溢れた指揮でした。どうしたらあの様な情熱を維持できるのでしょうか。尊敬致します。

そして、うたの森といえば…誰もが楽しみの第2部ポピュラーメドレーです!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
この深い祈りに満ちたドイツ・レクイエムの後にと驚くばかりのオーダー。
ジャニーズ嵐の「Love so sweet」、松田聖子の「瑠璃色の地球」、ユーミンの「守ってあげたい」、ブラームス繋がりで交響曲3番3楽章にテーマに乗せた映画「さよならをもう一度」、美空ひばりの「一本の鉛筆」、THE BOOMに「島唄」。一見、ドイツ・レクイエムの後になんと恐れ多いというような曲ばかりですが、「平和と人間愛」を歌ったもの。本年は戦後70年という年で、しかし少しづつその平和に不穏な影がかかり始めるこの頃。楽しく歌いながらその中にはたくさんの祈りが込めれていました。

因みに僕は第2部のトリでもあった「島唄」を熱唱。

IMG_0099

写真は出待ちのところ。(笑)
色んな意味で大好評でした。

こんなうたの森と、中島先生の音楽が大好きです!

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントをどうぞ

流行?!

皆さま、明けましておめでとうございます!
なんと今年初投稿が2月になってしまいました。

今年初本番は1月25日。名古屋の愛知芸術文化センターで、混声合唱団名古屋シティーハーモニーと、オルフの「カルミナ・ブラーナ」のバリトンソロですた。
カルミナは昨年から3度目、しかも11月には東京で新聞に取り沙汰されるほどのひしめき合いでした。僕も3度も歌う事になるなんて思ってもいませんでした。まさに流行、ブームです。
ただ…別の流行にも乗ってしまいました。
1月14日。なんか調子が悪いなぁと思って耳鼻科にいきました。熱も36.8ほどの微熱でしたが、念のためと検査すると…なんとインフルエンザの陽性反応が…。(; ̄ェ ̄)
そこから5日間自宅に隔離でした。そんな次週末にはカルミナでした。ようやく復調の兆しを感じ歌える様になったのが木曜日でしたが、風邪菌が耳に入ったらしく、右耳がトンネルに入ったみたいな感じが取れずに臨む事に。
本番は自分的には満足いきませんでしたが、それでもうまく乗り越えられたかな。そしたらソプラノの基村さんがインフルエンザになり、急遽代役で内田恵美子さん歌う事に。突然なのに、素晴らしい歌唱でした。

IMG_0002

IMG_0030

しかしインフルエンザは恐いですね。
そして2月7日は、学生時代からの縁が続いている磐田バッハ合唱団とブラームスの「ドイツレクイエム」の本番でした。
このドイツレクイエム。合唱の名曲としては名高いですが、何故か巷のアマチュア合唱団で大流行中なんです。知ってるだけでも既に2公演あり、僕も今回の磐田バッハがピアノ連弾版、そして2月11日にはパルテノン多摩で、昨年カルミナを指揮なさった中島先生と今度はオケ版で歌います。
驚きの展開ですが、このドイツレクイエムは僕も大好きな作品。
バリトンソロも格好良いし、歌っていて燃える曲ですのでとても楽しいです。

その内容は、今の世の中の時勢にはぴったりかも知れません。
もちろんレクイエムなので死者を弔うものですが、ブラームスのレクイエムはいわゆるミサ曲の形式ではなく、ドイツ語で歌われ、聖書の言葉をテキストとしています。そしてその最初の言葉。
「悲しんでいる人たちは幸いであるSelig sind, die da Leid tragen」
死とは残されたものにとっては辛く、悲しいもの。しかし死んだものにとっては愛する神様の下に帰るのです。これは大いなる喜びです。そして死は永遠の別れではなく、神様の下で再び出会うのです。
この曲で一番盛り上がるのは6楽章。バリトンソロが「奥義を告げよう」と歌い、ラッパが響き一瞬にして死者は朽ちないものとして蘇ると合唱が高らかに歌います。ヘンデルのメサイアでもバスが歌う内容ですし、死への想いはバッハのカンタータとも通じます。

多くの人は意識して選んだわけではないでしょうが、今の日本や世界のおかしな流れが無意識にこのドイツレクイエムを選んだのかも知れません。
平和と、心の平安を求めて。
このドイツレクイエムは決して流行ではなく、必然だったかも知れませんね。
心を込めて歌いたいと思います。

IMG_0050

IMG_0035

IMG_0049

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントをどうぞ

ソナール・カンタンドの特別な日

12月25日。クリスマスのこの日はソナール・カンタンドにとって特別な日になりました。2007年にソナール・カンタンドを立ち上げて、色々と変化、成長を重ねてきました。設立から7年目の今年、遂にCDをリリースする事となり、この日CD発売記念コンサートを行いました。
8月にレコーディングをし、超特急で編集をしたので、コンサートの方の宣伝が少し遅れてしまったのですが、25日クリスマスという貴重な日にも関わらず沢山のお客さんが近江楽堂を満たしてくれました。

演奏したプログラムは主にCDの収録曲からと、クリスマスキャロルをお届け致しました。近江楽堂は豊かな響きと素敵な雰囲気で僕らを包んでくれ、お客様と特別なクリスマスを共に過ごすことができました。
お客様から嬉しい感想を頂きましたので、一部ご紹介致します。

・お家でCDきいていた時、踊りながらきいてました。今日もおもわず踊りだしたくなるようなコンサートでした。
・透明感ある演奏でデトックスされました。
・知らない曲が多くて少し心配したのですが、どれもとても馴染みのある調べで、予想を200%裏切る素晴らしい演奏会でした。遊び心あるアレンジ、演目すべて楽しかったです。
・この編成の演奏をはじめて聴き、最初は不安でしたが、バロック音楽をくつがえすステキな演奏で、呼吸を忘れるくらい聴きいってしまいました。
・マルチプレイヤーっぷりに驚きました!!

このような感想を頂きました。ありがとうございます!
今回のケルティック・バロックはなにぶんマイナーなジャンルで、想像がつかないかも知れませんが、お客様もお聴きいただいて、その心の琴線に響くような旋律だったり、思わず踊りだしたくなるようなダンス曲を感じてもらえたようで嬉しかったです。
現在、1/20一般発売でAmazonやタワーレコード等々で予約販売を受け付けておりますので、是非お手にとって聴いてみてください!
それより以前にご所望でしたら、直接メールを頂けるとお送り致します。

この後もソナール・カンタンド一同、素敵な曲をお届けできるよう精進してまいります。
今後とも応援よろしくお願い致します!!m(._.)m

最後にプログラムに載せた挨拶文を下に転記いたします。

ご挨拶
本日はお忙しい中、ソナール・カンタンドのクリスマスコンサート2014にお越しいただきましてありがとうございます。私は歌手ですが、昔から笛が大好きで、古楽に興味を持ち始めた頃にバロック・フルートと出会い、歌とフルートという2足のわらじを履きはじめました。そしてイタリア語で「歌いつつ奏する」という意味のアンサンブル「ソナール・カンタンド」を2007年に発足させました。幸いにも歌心溢れるメンバーが集い、少しづつ変化・成長を重ね、この度念願のCDをリリースする運びとなりました。
私は天の邪鬼な性格のためか、人がやらない事に興味を持ってしまう傾向にあります。ソナール・カンタンドでは、これまでにフランスやドイツのバロック音楽を取り上げましたが、バッハでも人とは違った視点、また日本では珍しい作曲家を演奏してきました。(もちろん名作も演奏してます。)今回のCDのケルティック・バロックも日本ではマイナーなジャンルであるばかりか、音楽史の王道から外れたレパートリーです。しかしバロック時代の国際都市ロンドンにはスコットランドを中心としたケルトブームが起こり、スコットランド民謡に影響を受け、作風に取り込んだ作曲家はパーセルやジェミニアーニ、クリスティアン・バッハなどがいます。ここに音楽史を勉強するだけでは見えてこない、当時の豊かな音楽社会があり、そしてその音楽はとても魅力的でした。またケルト音楽は意識せずとも我々日本人にも馴染み深いものがあり、是非皆様に紹介したいと思いました。
最後に、このCDをリリースする際に関わった多くの方に感謝をいたします。スコットランド伝承音楽研究家の高松晃子先生、スコットランド方言に詳しいティモシー・ハリス先生、いつも私の考えを見事に読み取って素敵なチラシをデザインしてくれる河原絢子さん、チェンバロ製作家の島口孝仁さん、録音の坂本徹さんとマネージメントの沢井まみさん。そしていつもソナール・カンタンドを応援してくださっている多くのお客様に心からの感謝を込めて。

アンサンブル「ソナール・カンタンド」
代表 春日保人

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/247/19829250/files/2014/12/img_0029.jpg

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/247/19829250/files/2014/12/img_0028.jpg

カテゴリー: 演奏会情報 | コメントをどうぞ